今は黄昏、それとも彼は誰の刻

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の覚書 誰のお金、なんすかね? 国会会期延長編

<<   作成日時 : 2011/06/27 07:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

どれほど国民から白い目で見られているとしても、政治屋さん方の政争は止まらないようで。

「カンガー」「ジミンガー」・・・与党も野党もそれぞれ言い分があろうが、詰まるところどっちもどっちかと。

【馬鹿とはさみは使いよう】



素人考えだけど恐らく戦後最大級の国難なんだから

与党や総理が馬鹿ならば野党の力量で上手く転がせないのかな?

又は野党がごねてるようならば上手く与党が導けないのかな?

と、思う。

結局、

与党は政権を維持したいだけで、

野党は責任を与党に押しつけて政権を奪取したいだけなんじゃないのか、と。

「内閣不信任決議案」という名の茶番劇を観てそう確信したわ。

【通常国会会期延長にかかるお金は?】



なにやら70日間の国会の会期延長が決まったようで。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/300871.html

こちらのヤフー知恵袋で回答されているように、1日あたり約1億円の経費がかかるらしい。

更にその後に選挙でも始めたら約700億円かかるとか。

一体、国会議員の人たちの金銭感覚はどうなっているのだか?

http://www.asahi.com/national/update/0606/TKY201106060110.html
この記事にもあるように、震災から3ヶ月経った今でも避難所生活を強いられている上に、エアコンはおろか冷蔵庫すらない生活に苦労している人たちがいる。

そして推定年収約3000万円の国会議員は、ブログで「被災地に行ってきました〜♪」とご報告&国会で政権争い。
勿論、真面目に復興支援をしてる人もいるけど、明らかにポーズの為に被災地を訪れている輩も、与野党問わずいる。

TVやCMで何故か活躍しちゃってる某チルドレン氏のもう一度議員になりたい、という気持ちが判る気がする。

昔は漠然と、国会議員は切れ者で人徳ある腹黒い指導者みたいなイメージを持ってたけど、

震災後の政治をみて「国会議員=公的ニート」というのが僕の認識となりました。


政権争いの為に開かれる国会費用や、その議員たちに支払われる給料って、いったい誰のお金なんすかね?

ところで、国会議員で任期中に過労死した人っているんすかね?


この「〜すかね?」という言い回しを

HOYA 音声合成ソフトウェア VoiceText

のSHOW君で、再生すると「モヤモヤさまぁ〜ず2」な気分が味わえます。

お暇な方はどうぞ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
喪女とやってもねーw(ノ゚Д゚)ノシ★ http://gffz.biz/index.php
まほち
2011/11/12 00:23
もっと欲しいにゃん♪d(´∀`*)グッ☆ http://gffz.biz/index.html
名無し
2011/11/19 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の覚書 誰のお金、なんすかね? 国会会期延長編 今は黄昏、それとも彼は誰の刻/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる