今は黄昏、それとも彼は誰の刻

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の覚書 プルトニウム?ウラン?パンドラの箱はもう閉じられない。

<<   作成日時 : 2011/03/29 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年3月28日深夜に東京電力から発表があった。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032900434
そして今日午前の会見で「事故の重大性、深刻性を表している」との見解。

ついに?とうとう?

第一原発の土壌にプルトニウムがあると「確認」されたのが昨日であろうから発表があっただけでも良しなのかな?

素人考えだけど、震災後何度か爆発があった時点で既に燃料棒が溶解したんじゃ?

穿った見方をすれば、スケジュール的に時期が来たのと許可が下りたので発表しました。的な?

しかしTVニュースがどこもさらっとしか報道しないのが気になる。

建屋爆発よりも一大事なんじゃないのか?

まぁ、出ちゃっている以上関係者の方々に頑張ってもらうしかないので、知識だけでも入れておこう。

◆ プルトニウム?ウラン?

プルトニウムに関する基礎知識はこちらから。

原子力発電所におけるプルトニウムの扱いはこちらから。

まとめると

 ・プルトニウムという元素は、ウラン鉱石に僅かに含まれる以外は人工物である。
 ・プルトニウムは非常に強い毒性を持つ放射性元素である。
 ・核兵器や原発の燃料に使われる。
 ・原子炉から生成されるのは、プルトニウム-239 及び 240 である。


で、いいかな?

そしてウランに関する基礎知識はウィキ参照に。

で、原子力発電とウランとプルトニウムの関係もウィキ参照に。

超簡単にまとめると、

 1.天然ウランを採掘&濃縮ウランに精錬。
 2.ウランを核燃料として、原子炉で核分裂エネルギー(電力)を得る。
 3.核分裂反応の結果、プルトニウムが生成される。


といったところかな?

◆ プルトニウムは『パンドラの箱』?

ウィキによれば、1940年代、アメリカの科学者によって発見されたこの人工元素で、人類は強力なエネルギーを得たのと同時に凶悪な毒も得たわけだ。

今回の震災によって引き起こされた人災とも言われかねない原発事故。

もしこの事故を最小限(何をもってかは?)で食い止められないようなら、この箱は封じるべきなんだろう。

参考映像をYouTubeから。

チェルノブイリ事故から10年後。
1/3

http://www.youtube.com/watch?v=rKFsAewRA8U

2/3

http://www.youtube.com/watch?v=lNkd_d-Andw

3/3

http://www.youtube.com/watch?v=4Q2UwVYWkcM


チェルノブイリ事故から20年後。
1/2

http://www.youtube.com/watch?v=jiuTh1H4n4U

2/2

http://www.youtube.com/watch?v=aRgH-C4lqCo


チェルノブイリ事故から23年後。
1/3

http://www.youtube.com/watch?v=XgctnPcUTP0

2/3

http://www.youtube.com/watch?v=aI6pNRcQu3c

3/3

http://www.youtube.com/watch?v=n34ITx9qp_8

このビデオを観て思ったのは、避難区域であっても案外人が住んでいるんだな、と。

今現在も原子炉には核燃料が放射性物質を吐き出しているらしいし、その周囲は放射能汚染されているんだろうけど全くのゴーストタウンではないようで・・・。

特にBBC放送の事故後23年のレポートは非常に興味深い。

危険区域に10年住んでいる老夫婦の元気な姿をみると、放射能の危険性というのはそう単純ではないみたい。

現代科学がまだまだ発展途上なのは確かなようで・・・。

「『パンドラの箱』って何?」って人は、こちらをどうぞ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の覚書 プルトニウム?ウラン?パンドラの箱はもう閉じられない。 今は黄昏、それとも彼は誰の刻/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる